« 中越一人旅 | トップページ | 雨降りハング »

2013/07/06

魔女の大鍋で煮出すのは…

Dsc04864_2

魔女の大鍋で煮出すのは
ヒキガエルの毒か
はたまた
マンドラゴラの媚薬か

さて、この土日のワタシはハンググライダーそっちのけで
サクランボジャム作りの勤しみました。

たこちゃんの朝練にかこつけて関東から召喚した
まほとやまとと一緒に
ウチのお子さん2人をお伴に引き連れて
早朝6時から
南陽市内の金山地区ある職場の上司のサクランボ園にて
木2本分のサクランボをピッキング。

Sakuranbo_2013_01

今回もジャム用に採らせてもらうサクランボはナポレオンです。
佐藤錦などの生食して美味しい高級サクランボの授粉用に
ナポレオンは作付されていて
毎年タダで頂いています。
(佐藤錦は木丸ごとタダでなんていただけませんカラ)
ようこ先生、お世話になりマス。
だんなさん、毎年ありがとうございます。

小売市場では酸っぱくて甘み少なめとの評価のナポレオンですが
木で完熟した子たちは全然美味しい~☆☆☆
つまみ食いしながら黙々とピッキングしていきます。

カメラを忘れてきたので一つ上の写真とこの下の写真は
やまとがFBにアップしていたのを勝手に無断拝借。
ありがとう、やまと。

Sakuranbo_2013_02


Dsc04740

たっぷり頂きました。

で、いったんサクランボと子どもを家に置いて
山に上がって雨の合間を飛ぶたこちゃんと
そのサポートをしてくれているうえださんを応援しに。

雨が降ってきたりして
眠くなったりして
まほとやまととワタシは一足先に下山して
怒涛の奴隷労働サクランボの種抜きをがんばりました。

Sakuranbo_2013_03

Dsc04746

Dsc04750

で、去年同様、種取りしながら黒い話をして
というか黒い話でもしないと
あまりの単純労働過ぎてやっていられない気分になり
そんな中でも
まほが実はとっても我慢強くて
この気の遠くなりそうな賽ノ河原的種抜き作業を
一つも弱音を吐くことなく黙々とやり続け
まほ70%
ワタシ15%
やまと5%
その他の人々10%
位のわりあいで木2本分のサクランボをやっつけました。

種を抜いた後は砂糖と一緒に煮出すわけですが、
今年は量が過去最大だったので
ウチにある鍋では足りなくて
急遽ホームセンターで巨大なべを調達。
で最初の画面のようになりました。

その後大汗をかきながらワタシ担当で焦がさないように
混ぜながら煮込み、
多分腕の筋力トレーニングになったとオモイマス。
その間にうえだ夫妻が近所の果物問屋の最上屋から
大量の美味しいサクランボを大人買いしてきて
みんなでいろんな種類のサクランボを食べ比べさせてもらいました。

Dsc04760

月山錦という珍しいサクランボもありました。

Dsc04752

で煮込みも一段落させて
夜はえくぼプラザでやっていたワインフェスティバルin南陽
で超飲んだくれ~

Dsc04762

今日飲んだワインのリストはこちら↓
Dsc04764

早朝から活動していて寝不足&疲れで
みんな超酔っぱらって
早く就寝しました。

明日、飛べますように。
ワタシは明日はサクランボジャムの仕上げ予定。
二日酔いでタオレル予定はありません。

|

« 中越一人旅 | トップページ | 雨降りハング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54404/57845576

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の大鍋で煮出すのは…:

« 中越一人旅 | トップページ | 雨降りハング »