« 2013年6月 | トップページ | 2014年5月 »

2013/07/13

ねこ散歩いぬ散歩

で、夜が明けて朝が来て。
昨日、調子に乗って日本酒をだいぶ飲んだため、
二日酔いじゃないと言ったらウソです。
というか朝からまだ酔っぱらっていて
酒臭かったに違いないワタシですが、
今回の旅の目的のためにちゃんと8時に起きて活動開始。

Dsc04966

↑酒臭いワタシとは裏腹に朝のさわやかな油や。

今回は逃避行でもノンダクレの旅でもなく、
ちゃんと目的がありマス。
それは犬友達で陶芸作家のみいしゃさんの個展を観るため。
みいしゃさんが追分の油やで
「ねこ散歩いぬ散歩」というタイトルの個展を開いたので
芸術鑑賞とメンゴイサルーキ人形を家族に加えようという魂胆で
軽井沢までやってきたのです。

で、個展の様子は以下の通り~

Dsc04970

Dsc04937

Dsc04938

Dsc04940

Dsc04941

Dsc04943

Dsc04946

Dsc04947

Dsc04949

Dsc04951

Dsc04952

Dsc04953

Dsc04955

Dsc04956

Dsc04969

鑑賞していると、
みいしゃさんのサルーキなお友だちがたくさんご来場。
その中にこのブログをはじめたばかりの頃に
お友だちになったんだけど、
途中でワタシがブログをさぼってしまったり、
ドッグショーやサルーキイベントにも顔を出さなくなってしまったりで
縁遠くなってしまっていたお友だちを発見☆
AMOさん、久しぶりだったのに
覚えてくださっていて光栄です~

で油やの外には、待たされているサルーキがたくさん☆
さわらしてもらってきました。
しあわせ~

Dsc04957

Dsc04959

↑パーティカラーの子が一匹いマシタ。
ぢつはパーティカラーあこがれてマス、飼いたいのだ。
(ジャスミンにはナイショ)

Dsc04962

で、油やの中の他の会場でやっていた
他の作家さんの個展も鑑賞。

Dsc04972

Dsc04973

↓いっくんそっくりなのがいた。
Dsc04975

連れて帰りたい衝動にかられて
値段を確認してみましたが、
この子にはついておらず。
似たサイズの近くの鳥を観てみると
「¥57,250」☆☆☆
いやもっと高かったかも…
どっちにしても月収手取りで\130,000そこそこのワタシニャ
高根の花ですから。

この他にも色々な方の作品がありました。
昨日一緒に飲んだくれた鈴木さんの器もありました。
ステキな器で買いたかったんだけど
今回あんまりおこずかいを持ってきてなくて…

モットカネモチニナリタイナア…

お昼も過ぎてそろそろ帰路につかないといけない時間になったので、
お世話になったみいしゃさん、
ギャラリー猫町のオーナーご夫妻、
飲んだくれた鈴木さん、
等々皆さんとご挨拶して油やを出発。

出発した途端に朝から何も食べていなかったことを思い出して
国道沿いのそば屋で昼ご飯。

Dsc04982

さあ、赤湯に帰ろう~
今日は3連休の初日だから
ウインドなお友だちが数名、ツアーで十分一に来てるはず。
夕飯は山映でおでんパーティだったけ?
間に合いたいゾ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/12

柏崎経由軽井沢信濃追分へ

さて、今日は世の中は平日ですが、
ワタシ、年休を頂いて、一人4連休で、一人旅。
カテゴリが「犬旅行」ですが犬を置いて、家族を置いて一人旅。

目的地が軽井沢は信濃追分なので
日本海周りルートでAQUAでロングドライブ。
夕方18時までに軽井沢につけばよいので
時間があるため、途中で柏崎に寄り道して
温泉と美味しいものを頂きました。

まず行ったのは広田温泉湯元館。

Dsc04909

ここで今柏崎市で売り出し中のB級グルメ、
鯛茶漬けを頂きました。
海辺の食べ物鯛茶漬けとは全く関係ないような
山奥の細道を分け入ってまで
この旅館に食べに来たのは
温泉も頂けるから~☆
準備していただいている間に温泉にゆっくりつかってきました。

平日ゆえにワタシ以外に誰もいなかったので
お風呂の写真もぱちり。

Dsc04905

Dsc04907

茶色い湯花がたくさんあって
お湯が柔らかくて気持ちよかった~

鯛茶漬けもご覧のとおり。
大変美味☆

Dsc04910

予約もしないで13:00過ぎて突然行ったのにもかかわらず
旅館の方々に丁寧に対応していただきました。
ホントウにお世話になりました。
ありがとうございます。

で、旅館を出発して今度は海岸沿いをドライブしていると
なんだか眺めの良いところに
銘酒を扱ってる看板が目立つ酒屋さんを発見。
おみやげゲットすべく寄ってみました。

Dsc04927

ここのお母さんがとても親切なかたで
色々とお話しながらお勧めの佐渡と中越の美味しい地酒を購入し、
かつ、お店の二階のテラスで海を眺めさせてもらいました。
柏崎最強のビュースポット恋人岬デス。
写真も撮ってもらいマシタ。

Dsc04920_r

Dsc04917

Dsc04924

↑駅は日本でいちばん海岸に近い青海川駅。

実はこのお店がある場所は、江戸時代の北国街道のあった場所。
北国街道は今で言うところの北陸道、国道8号。
この場所から江戸の道(北国街道)の橋と
昭和の道(国道8号)の橋と
平成の道(北陸自動車道)の橋の
3つの橋が同時に見られる所らしく、
なんだか歴史の延長上にワタシタチの今があるんだ~
なんて感慨に耽ってしまったり。

ちなみに↓は北国街道の名残の道。
お店の真ん前にあります。

Dsc04921

今回は一人できちゃったけど
次回はぜひダーリン☆と一緒に来たいデス。

そうこうのんびりしていると、もう16:00。
18:00軽井沢着予定なのでもう出発しなくては。
北陸自動車道から上信越にのってひたすら軽井沢を目指します。

ワタシが菅平に入り浸っていたころは
つながっていなかった高速道路が
便利に出来上がっていて
知っている地名をあっという間にどんどん走り飛ばして行って
あのころからずいぶんと時が経っているんだなと
実感してみたり。

で、ホントにあっという間に軽井沢に到着☆
18:00ぴったりに
今日泊めていただく
追分の油やに到着~。
みいしゃさん、久しぶり☆
お世話になりマス。

夕飯はみいしゃさんがお世話になっている画廊の
オーナー夫妻さんにつれられて
美味しいカツカレーを頂き、
トンボの湯にいって
カネモチの匂いを嗅ぎながら温泉に入ってみたり
おみやげの日本酒で早速飲んだくれてみたりしました。

Dsc04934

↑は画廊のオーナーご夫妻が油や内でしている
猫町珈琲店の様子。
こちらの椅子お借りして飲んだくれてきました。

Dsc04930

↑カツカレー、最高においしかったデス☆

Dsc04931_2

↑トンボの湯の入口。
学生時代にも星野温泉に来たことあるんだけど、
改装前だったので全然違う感じ。
でも昔も今もイイトコロなのは変わりない気がする~

Dsc04932

↑昼間仕入れたお酒でノンダクレ。
佐渡のお酒デス。
一緒にノンダクレテくれた陶芸家の鈴木さん、
ありがとうございました☆
みいしゃさんは仕事の仕上げがあって
ノンダクレラレズ。
ワタシ、邪魔してなかった???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/11

アキタカ画伯の絵をやっと観た

533565_399741460146928_1934971200_n

去年の秋くらいに学校でアキタカが絵を書いたら
なんだか南陽市のなんかのコンクールで入賞して
賞状だけもらってきて
実物を全然観てなかった絵を
やっと観ました。
えくぼプラザで絵画展をしていて
そこに貼ってありました。

よく描けてると思いますが
テーマは「大せんそうにまきこまれた!」
う、暗いゾ…
楽しそうな絵に見えるけど
楽しそうなことを表現したかったわけではないみたい。

えくぼ絵画展、毎年南陽市であるので
来年はアキタカヒロタカ両画伯と一緒に
共作して出展してみようかなあ…
(ぢつは絵描くの、すごく好きなワタシ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/08

エイリアンスーツ

Dsc04896

先週末のサクランボピッキングの際
お世話になったサクランボ園の横の用水路で
いっくんが拾ってきたヤゴの抜け殻。

でっかいデス。

そしてすご~くよくできていて(?)
観てて全然飽きないデス。

「アイツラ、絶対、エイリアンの子孫だ」
ってアヤちゃんに見せたら言うこと間違いなし。

うえの写真、フラッシュたいて撮ってみたらちょっとコワイ感じになりました↓

Dsc04895


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/07

雨降りハング

さて、昨日のワインフェスティバルでのノンダクレから一夜明け、
たこちゃん、いせさんを飛ばすべく
早朝6時から山に上がるノブエアー。

がテイクオフにつくと雨がたくさん降ってきておまけにフォロー。
なのでログハウスで雨宿り。

Dsc04771

Dsc04777

Dsc04780

Dsc04792

ここにやまとが映っていないのは
昨日のワインにやられて二日酔いで
ログハウス下で倒れていたかららしい。

雨宿りしているうちに
風も入ってきて雨も小ぶりになってきたので
ノブさんとワタシ、ランディングに降りると
ラインディング場もびしょびしょ。

Dsc04799

雨もやっぱりパラパラ降ってくるし…

Dsc04824

↑雨の波紋がおもしろくて撮ってみた。

Dsc04835

↑タニシ(?)は喜んで活動中。

Dsc04838

↑きれいな色のイトトンボがいマシタ。

Dsc04862

↑ヒルがいた。

水たまりの自然観察していたらたこちゃん、いせさん飛んできました。

Dsc04849

Dsc04858

で、ワタシはハングにお付き合いはここまでで、
おうちに帰ってサクランボジャムの煮込みの仕上げ。
弱火で煮詰めて煮詰めて焦がさないように水分とばします。

ワタシが半日鍋を混ぜ続けている間、
みんなはもうちょっとリフライトを繰り返して練習していたらしい。
ノブさんがみんなを投げ終えて家に戻ってきて一言、
「今週がんばったから来週、ジンギスカン喰いたい」
また、サクランボをたらふく食べておなかがゆるくなって冷えたのか、
まほとうえださんが
「山映でおでんたべたい」

なので来週海の日の3連休は
先週ワタシが勝ってきた緑川の限定酒を飲みながら
うえだ夫妻とやまととたこちゃん、いせさんと一緒に
コンサドーレでジンギスカンを喰い、
もう一日は山映で夏のおでんパーティをする予定。
まだ来週は多分山形や新潟は梅雨が明けないと思われるので
飛べない日があれば秘境温泉巡りでもしますかね。


でジャム完成しました。
夜中の25時に瓶詰め終了。

Dsc04882

来週我が家に来た人たちには
ジャムのおみやげもアリマスから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/06

魔女の大鍋で煮出すのは…

Dsc04864_2

魔女の大鍋で煮出すのは
ヒキガエルの毒か
はたまた
マンドラゴラの媚薬か

さて、この土日のワタシはハンググライダーそっちのけで
サクランボジャム作りの勤しみました。

たこちゃんの朝練にかこつけて関東から召喚した
まほとやまとと一緒に
ウチのお子さん2人をお伴に引き連れて
早朝6時から
南陽市内の金山地区ある職場の上司のサクランボ園にて
木2本分のサクランボをピッキング。

Sakuranbo_2013_01

今回もジャム用に採らせてもらうサクランボはナポレオンです。
佐藤錦などの生食して美味しい高級サクランボの授粉用に
ナポレオンは作付されていて
毎年タダで頂いています。
(佐藤錦は木丸ごとタダでなんていただけませんカラ)
ようこ先生、お世話になりマス。
だんなさん、毎年ありがとうございます。

小売市場では酸っぱくて甘み少なめとの評価のナポレオンですが
木で完熟した子たちは全然美味しい~☆☆☆
つまみ食いしながら黙々とピッキングしていきます。

カメラを忘れてきたので一つ上の写真とこの下の写真は
やまとがFBにアップしていたのを勝手に無断拝借。
ありがとう、やまと。

Sakuranbo_2013_02


Dsc04740

たっぷり頂きました。

で、いったんサクランボと子どもを家に置いて
山に上がって雨の合間を飛ぶたこちゃんと
そのサポートをしてくれているうえださんを応援しに。

雨が降ってきたりして
眠くなったりして
まほとやまととワタシは一足先に下山して
怒涛の奴隷労働サクランボの種抜きをがんばりました。

Sakuranbo_2013_03

Dsc04746

Dsc04750

で、去年同様、種取りしながら黒い話をして
というか黒い話でもしないと
あまりの単純労働過ぎてやっていられない気分になり
そんな中でも
まほが実はとっても我慢強くて
この気の遠くなりそうな賽ノ河原的種抜き作業を
一つも弱音を吐くことなく黙々とやり続け
まほ70%
ワタシ15%
やまと5%
その他の人々10%
位のわりあいで木2本分のサクランボをやっつけました。

種を抜いた後は砂糖と一緒に煮出すわけですが、
今年は量が過去最大だったので
ウチにある鍋では足りなくて
急遽ホームセンターで巨大なべを調達。
で最初の画面のようになりました。

その後大汗をかきながらワタシ担当で焦がさないように
混ぜながら煮込み、
多分腕の筋力トレーニングになったとオモイマス。
その間にうえだ夫妻が近所の果物問屋の最上屋から
大量の美味しいサクランボを大人買いしてきて
みんなでいろんな種類のサクランボを食べ比べさせてもらいました。

Dsc04760

月山錦という珍しいサクランボもありました。

Dsc04752

で煮込みも一段落させて
夜はえくぼプラザでやっていたワインフェスティバルin南陽
で超飲んだくれ~

Dsc04762

今日飲んだワインのリストはこちら↓
Dsc04764

早朝から活動していて寝不足&疲れで
みんな超酔っぱらって
早く就寝しました。

明日、飛べますように。
ワタシは明日はサクランボジャムの仕上げ予定。
二日酔いでタオレル予定はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2014年5月 »