« とうがらしっぽい | トップページ | 朝練→再会→飲み会 »

2013/05/31

近所にカブトエビ、イマス

今日は午後年休をとって山形市まで行って、
ラーメンを食べたり、
コンタクトレンズを買いに行ったり、
途中でホームセンターによって犬のご飯を買ったり、
ズッキーニの苗を買ってしまったり
(植物枯らす自信10000%の癖に)etc.

午後帰ってきたらすでに夕方。
子どもたちが一緒に犬の散歩に行ってくれました。

そして子らと一緒に
家の隣の隣の田んぼで水面を観察。

なんと、この時期になると毎年
その田んぼにたくさんカブトエビが現れます。
3日くらい前から今年も存在確認済み。
生きた化石のカブトエビたちをじろじろと観察するのです。
今日はカメラを忘れずに持って行ったので
ちゃんと写真を撮りました。

Dsc03800

↓ヒルと一緒にいます。

Kabutoebi

しかし、今日は子どもと一緒だったからまだマシだけど、
いつもは大犬一匹と小犬二匹を従えて
田んぼのわき道にしゃがみ込んで
5~10分くらい何をするのでもなく
ただじっと水面を夢中で観ているおばさんは、
客観的にみるとちょっとおかしな人に見えるのに違いない。

Dsc03804

しかしなんで
この田んぼにいるんだ、カブトエビ。
ここ、道路に面しているせいか
ごみが落ちていたりして、
あんまりきれいだとは思えないんだけど~。

|

« とうがらしっぽい | トップページ | 朝練→再会→飲み会 »

コメント

またまた書き込んでしまいます!
このカブトエビ。その生態がよく分からない生き物でもあります。
私の実家の和歌山でもたくさん見られましたが、確認されるのがそのあたりと、埼玉県にそちらの山形と、ヘンな分布をしているようです。
そして、私はこのカブトエビの幼生を見たことがなく、また、田んぼ以外でも見たことがありません。
どうやって冬を越しているのか、なぜ幼生が見られないのか、謎だらけの生き物です。

投稿: 山本み | 2013/06/01 21:54

to みつぐさ~ん

たくさんカキコしてくださって嬉しいデス☆

カブトエビ、山形にいるのはヨーロッパカブトエビではなかろうかという情報を
どこかのサイトで観ました~
でもそのサイトには「酒田市」にいるって書いてあったけど
ずいぶん遠いデス、我が家から。

日本には西日本を中心に
アジアカブトエビとアメリカカブトエビと
ヨーロッパカブトエビの3種が確認されているそうです。
少なくともアメリカちゃんとヨーロッパちゃんは外来種らしく、
なんと日本ではメスしか確認されていなく
雌雄同体で単一生殖するんですって~
(原産地域ではちゃんとオスがいるとのこと)
アジアちゃんはオスメス確認されていて
ちゃんと交配して増えているらしいです。

成体は1ヵ月くらいで死んじゃいますが
卵は耐久性が高いらしく
乾燥や温度の変化に耐えられる構造をしているとか。
卵の状態では10年位生きている(?)との報告があるそうですよ。

つまり、初夏に大人になったカブトエビちゃんたちが
卵を田んぼの泥の中に産んで
卵の状態でずっと泥の中にいて
水が引いて乾燥しても、
寒くなって霜柱や氷雪に閉じ込められても
卵は死なず、
春になって暖かくなって
田んぼに水が入った途端に孵化して成長し
初夏に大人になってワタシを筆頭とした
カブトエビ好きにじろじろと観察される(以後繰り返し)…

ムカシ、学研とかの付録でカブトエビ飼育キットがついてきた時代があって
ワタシくらいの世代の人たちは
シーモンキーと並んでカブトエビ(トリオプス)、
おうちで飼っていた経験ある人々が割と多いみたいデス。

一説によるとその飼育キットのカブトエビちゃんたちが
野性化してそこらかしこで見られるらしい。

飼育キットのエビが死んだあと、
カアチャンに責任持ってカダツケろと言われた
昭和な子どもたちが、
産卵されたものが入っている水槽を(気づかずに)
水ごと近所の川とか田んぼにじゃ~ってやった
後始末の名残なんじゃないですかね、
ウチのあたりで見つかるカブトエビさんたちは。

ちなみにAMAZONでカブトエビ検索したら
たくさん飼育セットがヒットしました。
ご興味あらばぜひ飼育してみてくださ~い。

いずれにしても古代から姿、生体を変えずに生きてきたヤツラって
良くできていますよね~
そして興味深いデス。

投稿: わかこ | 2013/06/03 15:43

ワカコさん、詳しい情報ありがとうございます!
私も実はカブトエビファン‥。
甲羅をめくると三葉虫にそっくりなその容姿に、とても興味を持っていました。
不思議な分布も、ワカコさんの説明で納得!
ちなみに和歌山では、私が生まれた時は既に繁殖していました。
シーモンキー(和名豊年エビ)も、やはり田んぼにいっぱい泳いでましたね!
こいつも、かつては「アノマノカリス」とかいう60センチくらいの巨大な生き物だったヤツのまつえいで、三葉虫の天敵だったそうです。
狭い田んぼの中の話ですが、夢は広がります!

投稿: 山本み | 2013/06/03 20:28

to みつぐさ~ん

和歌山のカブトエビはひょっとすると
在来種なのかもしれませんね。

ホウネンエビも田んぼにいたんですか~
シーモンキーって
あの凶暴なアノマノカリス(NHKスペシャルでいつだったか観た)
の子孫だったなんて驚きです☆

カブトエビといい、BIG TREEといい、
なんだか趣味が合いますね~

投稿: わかこ | 2013/06/05 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54404/57498153

この記事へのトラックバック一覧です: 近所にカブトエビ、イマス:

« とうがらしっぽい | トップページ | 朝練→再会→飲み会 »