« ジャスノフンヅマリ | トップページ | 砂上のダメ人間 »

2012/08/25

100歳

今日から弥彦ツアーなウインドスポーツな皆さんに合わせて
ノブエアー、弥彦へ、Go! G…

と行きたいところですが、
ノブさんが土曜日出勤。
ワタシと子どもたち以外に
今日から出かけるつもりの人が見当たらないので、
今日は夕方弥彦に到着する予定で
昼間は新潟に住むワタシの祖母と伯母に
会ってくることにしました。
人間の子どもを伴って。
お犬様たちはノブさんと明日の朝出で弥彦です。

新潟は父の実家です。
おばあちゃんちはもともとは笹神村
(今は合併して阿賀野市)というところにあって
今はいろいろあって新潟大学の裏の五十嵐町、
なんと、ハングの講習で使っている五十嵐浜の目と鼻の先!、
に住む伯母さんのお世話になっています。

御歳100歳のおばあちゃん。
何年か前に脳梗塞で倒れて以来
ずっと病院に入院していて
もう動いたりお話することはできないんだけど
人が来たりすると認識できるみたいで
反応があります。

病室に行って話しかけたら
「あー、あー」ってご挨拶してくれました。
ワタシだとわかってくれたかな?
子どもたちもひいおばあちゃんに会って
なんだかちょっと緊張しつつ、触れ合ってくれました。

2、3年前のお盆の時も
急に思い立って(子ども会の盆踊り行事を逃れるため)
弥彦に遊びに行った帰り道にも
おばあちゃんのお見舞いに行ったことがあって
そのときも会えるのはこれが最後かな
って思っていたんだけど、
まだまだ生きていてくれました。
そのときはまだ小さかったうちの子どもたち。
病室とか寝たきりのおばあちゃんの様子に、
仕方がないことなんだけど
「死」を感じさせる雰囲気に圧倒されてしまって、
いっくんはおびえてしまっていました。
でも、小学生になった今回はいろいろ大人になって
おびえることなく、
緊張することなく
おばあちゃんの存在を受け入れて
接してくれていたように見えました。

忙しいのに対応してくださった伯母さん、
ありがとうございました。
赤湯と新潟、3時間弱で着いちゃうくらい近いのだから
もっと顔を見せればいいんだけど、
なかなか足が向かなくて申し訳ないです。
しかも五十嵐浜にはショッチュウイッテル…

さて、おばあちゃんとお別れした後は
五十嵐浜によって
ウインドの講習生さんたちとアントンさんとこんにちは!
今日は親子サービスの日なので
子どもたちと一緒に着替えて
海にザブ~ン☆

遠浅なのをいいことにどんどん沖まで行って
波遊びをしていたら
大きな波が来た後の引き波に持っていかれたいっくん、
急に足が届かなくなってパニックになり
溺れかけマシタ。
というか、ワタシが気づくの遅かったら
ホントウに溺れていました。
あっくんも足が届かなくても泳いでいましたが
いっくんのパニックにつられて溺れかけマシタ。
間一髪助けに行って難を逃れましたが…

それ以降、いっくん怖くて沖に出られなくなり
波打ち際でちゃぷちゃぷ水遊びしてました。

↓は昼ご飯に行った病院のそばのとんかつ太郎にて。
新潟名物B級グルメたれかつ丼を食べてきました。
美味しかった~

Dsc09112

Dsc09113

↓カニを捕まえてみました。

Dsc09114

Dsc09117

Dsc09121

Dsc09122

Dsc09124

そのあとアントンさん言うところの「キャンディーズ」な
大人女子講習生3人と一緒に
岩室温泉でひとっプロ浴びて
弥彦な皆さんと合流。
弥彦の夜はディープで長く
たっぷり飲んだくれてきました。

Dsc09127

夫がいないとなんだか遠足、楽しいぞ、子連れでも。

|

« ジャスノフンヅマリ | トップページ | 砂上のダメ人間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54404/55518576

この記事へのトラックバック一覧です: 100歳:

« ジャスノフンヅマリ | トップページ | 砂上のダメ人間 »