« きのう、女ご主人さまはキレました | トップページ | カレシゼツリン »

2011/12/09

marginallize or devide

新しいケイタイがおととい(やっと)届いた。

スマホにしたわけではなく、
いわゆる従来型の携帯電話。
しかも夏モデルで人気機種というわけではないのに
超待たされた。
本当は先週には手元に来るはずだったんだけど。
なんだか1,000円負けてもらって
ペコペコ誤られたので
きっとDoC★Moショップが発注かけるのを忘れていたんでしょう。

電話がなくても困らない生活をしているワタシなので
別に怒ったりしていないけど。

わりと新し物好きでミーハーな私が
スマホにだけは及び腰なのは
最近歳をとってきて、
新しいことを理解するのに時間がかかるせいもある。
でも山形の赤湯の中途半端にへんぴで
中途半端に市街化されているここでの生活に
あまり役に立たない代物だから
手が出ないのかもしれない。

この前東京に帰ったら
ずいぶん世の中が便利になっていてとてもびっくりした。
私がIT企業の会社員だった時、
「ユビキタス」が合言葉で
ちょっと近未来なIT社会の予想図に
いろいろ便利なシカケやキカイが提案されていたんだけど、
その当時は
なんだかSFチックで
「ウェラブルPC」なんてセンスワルイ
(それは多分そのカイシャのデザインとかプレゼンが
センス悪かったからそう感じたのに過ぎなかったのだけど)
って思っていたのに、
その時に描かれていた様相が
ケイタイデンワを核としてほぼ実現していることに
驚きを隠せない。
しかも、10年前の空想図よりも
ずっと洗練されていてお洒落だったりするし。

だけど、そんな便利なものも
都会に住んでいて、都会の価値観の中にいるからこそ
大活躍なツールなのかもしれない。
山形では使う場所も限られていれば、
提供サービスもずいぶん少ない。
わざわざところかまわずネットに頼って調べたりしなくても
だいたいの生活周りは
生身のコミュニケーションで解決してしまうし、
ネットで調べようとしても
それがネット上には現れてこない。
(うちの家業の情報だって多分そう)

面白がって契約している羊のしつじさんだって
本当は無駄銭失いなのかもしれない。
終電のお知らせや渋滞情報も
私の歩いていける範囲の中に
職場もあって買い物もできて
子どもの学校もあって
おまけにハンググライダーのエリアもあるような
この場所では役に立たないし、
終電や電車の遅延情報、渋滞情報も、
置賜盆地を指定しても、
とてつもなく広い範囲でお知らせが来るので
(たとえば奥羽本線の遅延情報が
秋田で起きているモノがお知らせされたり)
役に立たないけど、
その「ズレ」感がおかしくて
つい、その情報を気にしてしまう自分はあまのじゃくなのか。
あまのじゃくだろがなかろうが
ユビキタス的なものが
田舎暮らしの私の生活にほとんど役にたっていないことは
まずは間違いない。

東京で友人と飲んだ時、
日本の田舎の観光地は発信力が弱いと言われ、
つい酔っぱらったはずみでカチンときてしまったんだけど、
ネット上の発信力で言ったら
本当にその通りなのかもしれない。
だからスマホもi-コンシェルも
いろんな便利なITグッズも私の生活に
利便性を与えていない。
田舎で使える生活密着的な情報は
そこに発信されていないから。
発信する人と情報が少ないから。

でも、生身で生活している者として感じるのだ。
仮想現実に載ってこない/容易には載せられない
生身の価値と現実と面白みが
実はケッコウその辺に点在している。

それがネットに載ってこないのは
単にデジタルデバイドな問題なのか。
そう割り切ってしまう前に、
発信側の問題だけでなく、
受け手側の興味の問題もよく考えてみたい。

なんでもネットにあるというのは
それは都会の人が便利に作っている仕掛けに
都会の人が欲しい情報だけ
都会の人が発信しているだけだろう。
都会の人が都会的なものを探すときそれは容易にヒットするだろう。
田舎の人間はネットを使うとき、
田舎の情報ではなく都会で何が流行っていて
それを持っていたり知っていたりすると
田舎ではほんの少し優越感に浸れるぞとか、
そんな使い方をしているのがほとんどだと思う。
田舎の情報を求めるときは
田舎をよく知っているじい様やばあ様に直接聞けばよくて
そんなじじとばばはネットや携帯なんて無縁の生活を送っている。
情報格差とかというけど、そうではなくて、
ネットを必要としている人が少ないから
ネットに発信する必要もないじゃなかろうか。

南陽のビッキ石を探すとき
ネットで検索しても頓珍漢な検索結果に終わっていて
2年間それがどこにあるかわからなかった。
でも実は地元の人はケッコウ普通に知っていて
駅の観光案内所で聞けば一発で分かったかもしれない。

グアムの観光ホテルや東京ディズニーリゾートのような
わかりやすくてそこにいれば何でもそろうというような
都会の人的にはとてもわかりやすい観光は
田舎には確かにないけど、
苦労して探してみるとかたどりついてみる的な
面白さは実は点在していて
それをつなぐプロセスは
田舎の観光地の武器にならないかしら?

Dsc04127

実は家から車で20分くらいのところに
水芭蕉の自生地があったりする。

|

« きのう、女ご主人さまはキレました | トップページ | カレシゼツリン »

コメント

さすがわかちゃん、ネットって便利だけど。。。人とのつながりとしてはいいとこも悪いとこもあって。。。って感覚的に思ってた。

わかちゃんがこうやってブログで書いていることを東京で見れるのはうれしいです。
わかちゃんの発信力?

遊びに行きたいなー

投稿: あやの | 2011/12/19 10:38

to あやの

わーい! あやの~♪
この前の飲み会はお疲れ様~。
また一緒に遊びたいです、ハングのみんなと~。

私の発信力なんてまだまだです。
とりあえず、家業の絡みもあって
(商売的打算?)
ブログをつらつら書いてマス。
商売というわりには個人ネタばかりだけど。

良い季節になったら遊びに来てね~、
マッテル!!

投稿: わかこ | 2011/12/19 13:31

おひさしぶりー!
しまったー。
ホットメールのメールアドレスここのところチェック怠っていたー!
何か連絡してくれてたらごめん!!
今後は何かあれば今入れたアドレスによろしくね!!!
先週、岩手に行ったよ!
八幡山と安比と夏油で滑ったよ!
3日しかなかったから、ちょっとわかちゃんとこ行けなかったけど、
あとちょっとでわかちゃんとこだったねえ。
のぶさんにスキー教えてもらうというのが夢ですね。。。

投稿: あやの | 2012/02/16 17:23

to あやの

おお! あやの~。久しぶり☆
アドレスの件、了解。
何かあればそっちに連絡するわ。
岩手に行っていたのね~。
岩手-山形、実はケッコウ遠いのよ。
スキー、ぜひぜひ山形・蔵王に滑りにおいで。
ワタシは昔菅平に行った時のレベルのままだけど。
子どもたちはすごい上手になってきたわ~

投稿: わかこ | 2012/02/17 08:52

やっほー。
ちなみに携帯のアドレスも入れておいたわん。
わかちゃん運動神経よさそうだし、すぐ上達するんじゃない???
子供の成長には負けるけど、ぜひ来シーズンは一緒に滑ろう!

投稿: あやの | 2012/02/22 11:50

to あやの

各種メアド、保存しておくわ~☆
ありがとう。

ワタシ、運動神経ないわよ~。
ハング&昔同期会で行った菅平スキーで露呈しているじゃないっすか。
スキーはねえ、ヤバイ。
ワタシのスキー姿子どもたちに見られたら、
母の威厳が保てないわん。
でも、あやのが来てくれるならがんばる!
というか、蔵王でスキー同期会できないかしら?

投稿: わかこ | 2012/02/22 12:01

あれ?そうだったけえ?

ハングについては私がヤバかったので、わかちゃんは雲の上の人のような気がしたよ。

あと、あのころからわかちゃんは威厳があったw(母の?)

ハング同期スキー、誰も(私も含め)突出して上手じゃなかったかも(笑)
なので、わかちゃんの滑りや運動神経、あまり気にしなかった(笑)
キドっちがかなり前傾スキーで、やる気に満ち溢れていたのと、ハッシ―が、スキー靴でボード履いていた記憶のみある。。。

蔵王、スキーツアー超いいねえ。ハッシ―あたりが車出してほしいなりw来シーズンのプランかな!

投稿: あやの | 2012/02/23 12:30

to あやの

あの時のハング同期スキー、ケッコウ面白かったよね~。
キドは確かに上手かった。というか、無鉄砲だった。
はっしー、そういえばそんなことしていたね!
みきちゃんがやる気満々だったかしら?
あと、駐車場で東海カーが滑ってあせったことを思い出した。

ワタシの威厳?
多分、無意味に威張っていたんでしょう。
今も無意味に威張り散らしているかも…
う、気をつけよう。

蔵王スキーツアー、来年企画やってみますかね~。
よいペンションあり。
足はねえ。新幹線で上山か赤湯までくれば超楽なのよ。(お金はかかりますが)

投稿: わかこ | 2012/02/23 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54404/53437937

この記事へのトラックバック一覧です: marginallize or devide:

« きのう、女ご主人さまはキレました | トップページ | カレシゼツリン »