« ピアノコンサート | トップページ | とける脳みそ »

2011/11/19

雨降りの週末は動物病院

雨降りの週末はハンググライダーのお客様も来ず、
ノブさんも繁忙期につきカイシャへ出勤なので
たまった主婦仕事をやっつけたり、
子どもや犬と触れ合ったりetc.

午前中、洗濯だの掃除だのをやっつけて、
ニューフェイスのおしっこうんこと格闘し、
夕方、アポアルの健康チェックと
ジャスミンの毎月のフィラリア薬&おしり絞りをお願いしに
動物病院へ。
テレビを観なくても生きていける次男をアシスタントに
かかりつけの小形動物病院に行ってきました。

Dsc04866

↑は病院での順番待ち中の4匹。
大型犬を連れている人は
待合室ではなくて車内で順番待ちです。
ジャスミン、わりと新参者に慣れてきて、
車内でも一緒に居られるみたい。

動物病院では一通り健康チェックをしてもらって、
2匹とも、フィラリアは陰性、外見上の問題はなく、
保護時の血液検査の数値からみて、
当初はひどい脱水状態にあったようだが、
現在は毛つやや便の状態からしても
問題ないだろうとのことでした。
よかったね!
アルは本当に健康には問題ないようです。
ちょっとデブだからダイエットしないとね。
アポロは白内障がはじまりかけているようで、
ひょっとすると、ジャスミンよりも年寄りかもしれない
とのことでした。
一応、保護した人から聞いた年齢で
私たちは対応するつもりなんだけど、
本当はもうちょっとお兄さんなのかな?
とりあえず、アポロンは6歳、アルテミスは4歳として、
週明けたら市役所に届け出なくては。

ジャスミンも心臓病もとりあえず問題なしで、
おしりをぎゅっと絞ってもらってすっきり。
いつもは診察台に上がると処置する前に
「台の上に上がったんだから、もう帰りますから」
とそそくさと出口のほうに帰ろうとする彼女ですが、
今日は主役が自分じゃないことを知っているのか、
それとも新参者に弱いところは見せまいと強がっているのか、
苦手な診察室の中でもわりと堂々と落ち着いていました。
先生や看護婦さんからも、
「いろいろとわかっているのね~」
と笑われていましたよ。

↓今日はわんこ達にも久しぶりに手作りご飯を振舞いました。

Dsc04867_2

|

« ピアノコンサート | トップページ | とける脳みそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54404/53293020

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りの週末は動物病院:

« ピアノコンサート | トップページ | とける脳みそ »