« 3カン4オン | トップページ | 草大会はというと »

2011/10/22

respect and reality

昨日の夕方の散歩でジャスミンが変な咳をした。

Dsc04596

明らかに今までと違う様子の咳をした。

数ヶ月前、主治医から
心雑音が聞こえるといわれ、
エコー検査をして「心臓病と思われる」
と言い渡されている彼女。
その変な咳は今のがまさにそうなのかと、
自問自答する。

デモワカラナイ。

「変な咳をしませんか?」
と主治医に言われても
最近めっきりジャスミンと
親密なコミュニケーションをとっていなくって
咳をしているかどうか
即答できない自分に、とてもがっかりした。
保育園のママ友と同等の返事をしているワタシにとても幻滅した。
「昼間は仕事に出ていてよくわからない。」

保育園に行っている我が子より
ペットの犬が哀れなのは、
昼間、保育士さんのように観てくれる
「nanny」が居ないことだ。
本当は私が山形に引っ込むときに、
彼女の母となり、姉となり、ボスとなり、良き家族となることを
決意したはずなのだけれど、
そうなれていないのだ。
nannyにすらなれていない自分。

金を稼ぐ。
生活のために金を稼ぐ。
大事だけど、そこにとらまれて、
イヌの健康ですら正面から見据えられない現実。

「ナニヲシテイルノ?
 イママデドウスゴシテキタノ?
 ワタシノカゾクノコトヲ
 アナタハリカイシテイルノ?」

どこからともなく聞こえてきた、誰かの声。
それは私なのか、否か?

散歩後、ジャスミンは元気に夕飯を食べた。
変な咳をするものだから、つい、
妙な情をかけてしまい、刹那に、
美味なごちそう(鳥の手羽元肉)をたっぷりと与えてしまい、
がつがつと野良犬のように平らげた黒犬を見ていると、
ジャスミンの思うつぼにハマってしまったのかと
再度自問自答するのだが、
本当のところはどうだったのか 誰もわからない。

当の本「犬」だって
人間が理解するところの「心臓病」かなんて
わからない、きっと。

彼女の求めるところは
信じる家族と美味しいご飯を食て、
彼女の望むような距離間でべたべたとスキンシップをとり、
そして山や野原でノーリードで家族と良き距離感を測りながら、
マイペースでRUN、RUN、RUN。
種としてのサルーキが望むように自由に走り、
走ることで遠い祖先が感じたアラビアの風となり、
そしてベドウィンのように家族を感じること。
それがアラブなお犬様のジャスミンの血が望むところだろう。
走っていて急に胸が苦しくなって息ができなくなっても、
大好きなわかちゃんとノブさんと一緒に居られるのならば、
それはそれでしようがないと思うのだろう。

デモソノトキ二イッショニイラレルノ?

さて。

「人間様」の私は何を望む。

すべてを望んでも
器を超え手に入れることは不可能なことは
分かっているけど。
「分かる」とは
undersatnd と see
もしくは
conocer と saber ではずいぶん違うのだ。


小さな家族を守るために多くを望んでも、
守るべきものを理解できているのだろうか。
私のエゴは守るべきモノを守りながら
キチンと欲しがっているのだろうか。

環境とエゴの方程式が指し示す羅針盤を
ワタシはきちんと読み取れているのだろうか。
そして読み取る能力の度合いをきちんと理解してるのだろうか。

生き方の尊敬と現実を感じる狭間、命のはかなさ、
ヒトの想像力の中途半端さ、
それとは超越した時間の深さ。

|

« 3カン4オン | トップページ | 草大会はというと »

コメント

ジャスミンちゃんはチーム佐藤の一員で幸せだと思います。

人生金が全てではないけれど、金を稼がなければ生活も出来ないし、ジャスミンちゃんだって養えない。
四六時中一緒に居てあげる事が出来れば、良いのだろうけど、それはムリ。
一緒の時間をきっと楽しんでいますよ。

上手く言えませんが、チーム佐藤で楽しい時間を共有していると思います。


PS:あんこを太らせてしまった事を彼女に申し訳ないと思うときがあります。
でも、10数年の短い命の中で彼女の望みを少しでも叶えてあげたいと思うことも。
だからと言って、むやみに食事を与えるが良いとは思ってはいませんが。。。


まとまりのない、文章でスイマセン。

投稿: あんこ姉 | 2011/10/22 14:50

さきこさ~ん

コメントありがとうございます。
生活するには金を稼がなくっちゃ!
は本当に大事ですよね。

ただね、昔、ある人に言われたのです。
「動物を飼うというのは
それなりのステイタスが
保たれていないと無理だ」
ほんと、今、それが身にしみます。
愛情だけで生きていられたら
それはカスミを喰う仙人のようなもので
現実の生活にはお金も時間も
とても大事なファクターなのだということを
イヌや子どもの成長を見ていると
まざまざと実感せざるを得ないことが
多々あって、
勢いだけでは生きていけないな~と
反省する毎日です。
ファッションや勢いや
好きだからというだけで
動物を飼っては本当にダメなんだな~と。

ああ、返事になっていないかも。

あんこちゃんは、私からは、
あんこちゃんなりに幸せそうに見えますよ。
私もだんなと結婚して、山形に住んで
幸せで、10年前より10Kg太ってしまいました(汗)

投稿: わかこ | 2011/10/24 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54404/53051424

この記事へのトラックバック一覧です: respect and reality:

« 3カン4オン | トップページ | 草大会はというと »