« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/31

バナナ味のかぼちゃケーキ

Dsc04700_2

ハロウィーンなので
職場から帰宅後夕御飯も作らず
かぼちゃのカップケーキを作りました。

山形に来て以来、この日には必ず
このかぼちゃケーキを作っています。
私には定番レシピですが、
定番ゆえに
ここのところレシピをよく確認せずに
主婦の適当な勘所で作るため、
作るたびに違う味になります。

本日はかぼちゃの味がしない
かぼちゃ入りバナナケーキと相成りました。
かぼちゃ、たくさん入れたんだけどなあ。

家族が美味しいと言ってくれたから良いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/30

練習日和

どん曇りで東風予報な十分一でしたが
かなり東寄りながらも正面からテイクオフできる風が
そよそよと吹き、
ウインドとNOB AIR なB級生の皆さんには
テイクオフ・ランディングについて
とても恵まれた練習日和となりました。

Dsc04664

↑ジャスミン、アシスタント気分でプレフライトチェック中。
「風に正対して修正して走るのよ」
とでもアドバイスしているつもりなのかしら?

Dsc04682

↑NOB AIR のきくちくん
グライダーはレンタル機なので
ご近所のパラ屋さんのロゴが…

昨日、タンデムご接待で飛べなかったワタクシも
今日は飛びました。
最近基本技術がめっきり低下しているワタクシ。
十分一だとスタチンしそうだったので
高ツムジの東側からテイクオフ。
ブリージーなユウミッツさん、見守りありがとうございました。
ランディングの課題を再度認識した本日のフライトでした。

ブリージーな皆さんもたくさん飛んでいました。
3本フライトしていたのかな?
その後は龍上海に行かれたようですよ。

NOB AIR な日曜姫のあそうさんも
今日は高ツムジから2本飛びました。

さて、今度の週末は飛び石連休ですね。
4日、ワタクシ代休を頂いて、
3日から4日間の大型連休です。
天気も恵まれていそうな予報なので、
たくさん飛べるとよいな~。
4日、お付き合いしてくださる方大募集!
たくさん飛びましょう。

Dsc04698_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/29

久しぶりの初山頂

本日のノブエアー。
ひさ~しぶりにスクール生が初山頂でした!
きくち君、初山頂、おめでとう。

それなのに。
ノブエアーな皆さん、みんなカメラを忘れました(どヒンシュク)
代わりにウインドスポーツなBOBさんに
写真を撮ってもらいました。
今日は酔っぱらってデータアップできませんから、
後日写真張ります。

今週末の十分一は
良いお天気に恵まれています。
やっとゆうじくんの雨男パワーが弱まったかしら?
なので、
ウインドスポーツなB級生ツアーの皆さんと、
ブリージースポーツな皆さんが
来山中です。
たくさん練習できましたよ~。
B級練習もたっぷり出来たし、
13:00ごろにテイクオフした
ブリージーな皆さんはソアリングも楽しめました。
ノブエアーは
トバさんと福島のひろみさんが飛びましたよ。
私は体験タンデムなお客様のご接待です。
3名の女性が南陽の秋晴れを満喫。
楽しんでいただきました~♪

明日の日曜日は下り坂な感じですね。
飛べるとよいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/28

職場の給食 → ラタトゥイユ

私は保育園の事務のおばさんデス。
ゆえに毎日お昼ご飯に園児の皆さんと
おんなじ給食を食べています。

もちろん、ちゃんと給食費を払っています!
タダ喰いじゃあアリマセン。
給料から毎月給食費が天引きされてますから。

美味しいっかって?
私はまずいなんて思ったことは一度もないんだけど。
外部委託の業者さんへの偏見の強い保育士さんの中には
辛口コメントな方もたまにいます。
私は口が肥えていないかもしれないので
なんでも美味しく感じてしまうんだけど。
基本的には「上げ膳据え膳はすべて美味しい」
というのが私のポリシーですから~。
よその人に作ってもらったご飯に
ケチをつけられるほど、私は立派じゃありませんよ。

昨日はお誕生会だったので
特別ごちそうメニュー。
で。出たお汁がミネストローネ。
トマトベースのスープ、私のレパートリーには
普通のメニューだったので
美味い美味いと頂いていたら、
隣の席の人が、
「あんまり口に合わない。」
斜め向かいの人も
「・・・」
というコメント。
どうも、山形ではトマトを煮込むなんて
あり得ない代物らしいです。

歳を取ってから食文化の違いの垣根を超えるのは
難しいデスネ~。

そういえば。
かまたさんから作り方を教えてほしいと言われたレシピで
ラタトゥイユ。
これもトマトに火を通しますね~。
作り方は主婦の適当なので
いつも同じものを再現できないんだけど、
基本的には↓の通り。

①好きな夏野菜を用意しましょう。
 なすとか、ズッキーニとか、パプリカとか
 ブロッコリーとかアスパラとかがよいです。
 そのほかにトマトは必須。
 オクラがあると味もとろみも良くなります。
 あと、香味野菜の玉ねぎ、セロリ、ニンニク、生姜も必須です。
 人参も入れるとおいしいですが、
 私は人参好きじゃないので、入れないことが多いです。
 野菜は適当な大きさに切ってください。
 香味野菜はみじん切りです。

②ブタ肉(バラとか小間とかひき肉とか)を
 オリーブ油を入れたアツアツの中華鍋で
 良く炒めましょう。
 肉汁が透明になるまで炒めましょう。

③肉が炒まったら、香味野菜を中華鍋に入れて
 香りがたつまで良く炒めましょう。

④そのほかの野菜全部を入れて軽く炒めましょう。
 そしてローリエ(必須)と100パーセント昆布の粉(なくてもよい)と
 固形スープの素(なくてもよい)を入れ、
 料理を作りながら飲んでいたビール(!)を入れ、
 足りない分は普通の水を入れてひたひたにして
 軽く煮たてましょう。

⑤夏野菜がくったりして、オクラからとろみが出てきたら、
 塩コショウをして、
 日本人的な味付けにしたいなら、醤油なんかも入れてみて、
 味見をしましょう。
 物足りないときはウスターソースかケチャップを少し入れると
 良いかもしれません。
 ウスターソースは入れすぎると
 ソースの味しかしなくなるのでご注意を。
 アツアツよりもちょっと冷まして時間がたったものの方が美味しいかな。

こんな感じです。
え、野菜の量はって?
適当です。肉も適当。
主婦だから適当です。
自分が料理屋で食べた量と味を思い出し、
こうやればこうなるかな~って想像しながら作ると、
毎日スリリングで楽しい調理になります。
そしてたまに大失敗して笑えます。

砂肝の煮物って出したかしら?
鳥のレバーとハツの煮物じゃなかったかしら?
これは次回に請うご期待。


↓ 昔、クリスマスに作ったケーキ。
子どもたち、小さくてめんごいな~。
Dsc01480


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/27

大失敗に台無しに

先週、次男が遠足で拾ってきたクリ。
クリで美味しいものを作るよと約束したのですが、
クリ虫がわいたので
こっそりとちょっとお高い良いクリをお店から買ってきて
ノブさんと夜なべして栗の皮むきをしたところまでは
良かったんだけど。

栗の渋皮煮を作ろうとしたんだけど。

結果は大失敗。

つい栗ご飯のときのように
そのまま煮てしまったら、
すごい渋い!
この世のものとは思えないまずさ!!

あわてて母に電話して確認してみたら、
「渋皮が付いたままなんだから
重層であく抜きしないと渋いよ~」とのこと。

新しいことにチャレンジするときは
ちゃんと作り方を確認しないと駄目ね。

ああ、美味しいクリが台無しだよ。

写真は本文と全然関係なく。
フェミニンな長男。
かぶり物は職場の行事で使用したカチューシャ。
Dsc04628


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/25

ミヤマなめぐりあわせ

Dsc04646

次男、念願かなってミヤマクワガタ、コレクション入り!

この8月(だっけ?)、
ゆうじのお友達な
足尾なハングのお兄さんとお姉さんたちが
十分一にやってきたときに、
(ここからちょっとややこしいですよ)
NOB AIR の本物の昆虫博士のとばさんが
高ツムジでテイクオフする直前に捕まえた
ニホンのクワガタではレアなミヤマクワガタを、
「いっくんに渡してね」
と託された足尾なムタゾノくんが
無配慮に野山に帰してしまって、
その事実が2日後にトバさんからかかってきた電話で
発覚して以来、
うちのいっくんはミヤマクワガタにご執心です。
(ああ、ややこしい)

図鑑でミヤマクワガタを観るたびに、
「ムタサンガ、トバサンガ捕マエタミヤマクワガタヲ逃ガシタ」
とノロイの呪文のように呟いておりました。

が。

この晩秋な山形は十分一山で奇跡が起きました。
十分一のログハウスで
ゆうじがゲット!
小さくてかわいいミヤマクワガタのオスですよ。
山っ子のノブさんも
「ミヤマを捕ったやつは英雄(ヒーロー)だぜ~」
って常日頃自慢していましたから。

「ムタさんが逃がしたミヤマが会いに来てくれたよ~(落涙)」
BY 次男。

超ありがとう、ゆうじ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/23

草大会はというと

金曜日の晩にノブさんとゆうじと私の3人で
盛大に天気祭りをしてみたのですが、
雨男/女の効果絶大な今週末な十分一。
22日(土)と23日(日)の二日間予定されていた
草大会はというと…

22日(土)の山形県選手県大会は
雨でお流れ。
十分一在住のノブさん、ゆうじ、わかこ以外に
誰とも出会えませんでした。
しょうがないので
上記3人とジャス・アキタカ・ヒロタカの6人で
大江町に住むノブさんの生徒さんの「カントク」に
会いに行ってきました。

大江町、山深かったデス。
とても良いところデシタ。
今度は二日酔いじゃないときに
ちゃんと伺いたいデス。
具合が猛烈に悪かったので写真はナイです。

元気な大人2人はカントクに
カントクプロデュースな
キャンプファイヤーイベントin大江(?)について
興味津津にお話を伺っていましたよ。
子どもたちは大江町の大自然を満喫して
いろんな虫を採集・観察しておりました。

来年の夏はカントクのキャンプファイヤーに
参加することを固く決意するノブ家。

翌日23日は山形県連主催のスカイフェスティバル。
前日よりかはましな空模様ということで
パラグライダーなソアリングシステムの皆さんがたっぷりと
ハンググライダーな
リキちゃん夫妻、オオヌマさん夫妻、ゴトウさん、
オオトモくん、所長、ノブさん、ゆうじ、ワタシが参加。
ターゲット大会と相成りました。

山はオオトモくん以外はICAROなハンググライダーで
埋まりましたよ。
組んでる途中で雨に降られたりで、
雲行きは怪しかったのですが、
なんとか成立。

ハングな結果はノブさん優勝。(エー!?)
リキちゃん準優勝。
フライト終了後、満腹ホールで
いも煮をごちそうになりました♪
パラグライダーな結果は金井サンチのHPにて確認してください。

Dsc04624

↑はランディングでの優勝者。
乗ったグライダーは
ICARO のZX。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/22

respect and reality

昨日の夕方の散歩でジャスミンが変な咳をした。

Dsc04596

明らかに今までと違う様子の咳をした。

数ヶ月前、主治医から
心雑音が聞こえるといわれ、
エコー検査をして「心臓病と思われる」
と言い渡されている彼女。
その変な咳は今のがまさにそうなのかと、
自問自答する。

デモワカラナイ。

「変な咳をしませんか?」
と主治医に言われても
最近めっきりジャスミンと
親密なコミュニケーションをとっていなくって
咳をしているかどうか
即答できない自分に、とてもがっかりした。
保育園のママ友と同等の返事をしているワタシにとても幻滅した。
「昼間は仕事に出ていてよくわからない。」

保育園に行っている我が子より
ペットの犬が哀れなのは、
昼間、保育士さんのように観てくれる
「nanny」が居ないことだ。
本当は私が山形に引っ込むときに、
彼女の母となり、姉となり、ボスとなり、良き家族となることを
決意したはずなのだけれど、
そうなれていないのだ。
nannyにすらなれていない自分。

金を稼ぐ。
生活のために金を稼ぐ。
大事だけど、そこにとらまれて、
イヌの健康ですら正面から見据えられない現実。

「ナニヲシテイルノ?
 イママデドウスゴシテキタノ?
 ワタシノカゾクノコトヲ
 アナタハリカイシテイルノ?」

どこからともなく聞こえてきた、誰かの声。
それは私なのか、否か?

散歩後、ジャスミンは元気に夕飯を食べた。
変な咳をするものだから、つい、
妙な情をかけてしまい、刹那に、
美味なごちそう(鳥の手羽元肉)をたっぷりと与えてしまい、
がつがつと野良犬のように平らげた黒犬を見ていると、
ジャスミンの思うつぼにハマってしまったのかと
再度自問自答するのだが、
本当のところはどうだったのか 誰もわからない。

当の本「犬」だって
人間が理解するところの「心臓病」かなんて
わからない、きっと。

彼女の求めるところは
信じる家族と美味しいご飯を食て、
彼女の望むような距離間でべたべたとスキンシップをとり、
そして山や野原でノーリードで家族と良き距離感を測りながら、
マイペースでRUN、RUN、RUN。
種としてのサルーキが望むように自由に走り、
走ることで遠い祖先が感じたアラビアの風となり、
そしてベドウィンのように家族を感じること。
それがアラブなお犬様のジャスミンの血が望むところだろう。
走っていて急に胸が苦しくなって息ができなくなっても、
大好きなわかちゃんとノブさんと一緒に居られるのならば、
それはそれでしようがないと思うのだろう。

デモソノトキ二イッショニイラレルノ?

さて。

「人間様」の私は何を望む。

すべてを望んでも
器を超え手に入れることは不可能なことは
分かっているけど。
「分かる」とは
undersatnd と see
もしくは
conocer と saber ではずいぶん違うのだ。


小さな家族を守るために多くを望んでも、
守るべきものを理解できているのだろうか。
私のエゴは守るべきモノを守りながら
キチンと欲しがっているのだろうか。

環境とエゴの方程式が指し示す羅針盤を
ワタシはきちんと読み取れているのだろうか。
そして読み取る能力の度合いをきちんと理解してるのだろうか。

生き方の尊敬と現実を感じる狭間、命のはかなさ、
ヒトの想像力の中途半端さ、
それとは超越した時間の深さ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/21

3カン4オン

明日から全国的に天気悪い感じですね。

平日4日間は快晴で週末になると天気が崩れるのが
今年の秋のパターンかしら。
今週末は十分一な草大会の予定だけど、
ひょっとして雨に祟られるのかな?
ウインドスポーツな初山頂ツアーな皆さんも
今週末はキャンセルですって。

それともすごい雨男 or 雨女 がいるのか?
NOB AIR 近辺に心当たりの方いますか~?

とりあえず、本日は天気祭りの予定。
二日酔いにならない程度にお酒を飲む☆

ちなみに私は今年は天気女な傾向だよ。
保育園(職場)と小学校の行事をすべて快晴。
プライベートも天気が良かったはずなんだけどなあ。

Dsc03520

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/20

快晴なのに

本日は快晴で、仕事を休んでいましたが、
次男発熱にておうちで待機。
雲がぽこぽこ気持ちよさ気なお空を見ると
悔しくなるのでフテネの昼寝。

次男、ドーピングのお陰で
すっかり具合が良くなって、
私を逆に寝かしつけて
ご本人は昆虫図鑑に夢中でした。
ワタシハ13:00 → 16:30 マデ熟睡。
脳ミソ溶ケソウデス。

まあ、次男の熱が出なくたって、
今日は給料の〆日だから
どう転んだって飛べなかったけどね。

明日、次男のMR(麻疹風疹)第二期追加接種の
予約していたのに来週に延期だわ。
来週は熱を出しませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/19

虫愛ずる君

Dsc04601

我が家の次男は動物、虫だいすき。
ジャスミンをかまう頻度も長男よりも多く、
動物関係の図鑑を暇さえあればじろじろ眺め、
保育園や山に行く度に、毎回、
ダンゴ虫やトンボ、カマキリetc. 小動物を
拾って持って帰ってきては
虫かごにコレクションにしてペットにしています。
カマキリに至ってはコオロギや赤とんぼを捕まえてきて
生餌を与えています。

動物好き & 動物拾い癖のある母の子どもだから
多少はしょうがないか。

昨日は保育園の遠足で
飯豊少年自然の家
というところに行ってきて
クリ拾いをしてきたみたいなんだけど、
ついでにカナヘビ(トカゲ)を持って帰ってきました。
担任のかおり先生には
「森で拾った生き物は放してあげましょう。
家に持って帰ってしまうとその生き物のお母さんに
二度と会えなくなってしまうのはかわいそうでしょ」
と言われて、
お友達が捕まえた虫たちを解放してあげている中、
次男だけ、クリを入れた袋に忍ばせて、
こっそりと持ち帰ったようですよ。

持ち帰ったクリからは
今朝クリ虫がうようよ出てきた!!! ゲゲゲ。
さあどうしよう?
買ってきたむき栗で栗ご飯にして
拾ってきたクリで作ったことにしようか。

そうこうしているうちに
次男発熱。
現在38.7度。(21:00現在)
カナヘビの親のたたりか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/17

もう一人の酉年

今日はすずきゆうじくんの
30回目のお誕生日ということで
NOB AIR にてささやかながら
サプライズお誕生会をしました。

ゆうじくんも酉年だったのね。

↓はてんびん座な今月お誕生月なお二人。
Dsc04594_3

ご馳走もご用意。
かぼちゃのスープ
水菜のサラダ
アルアヒージョ(エビのスペイン風オーブン焼き)
煮込みハンバーグ
チョコレートロールケーキ
Dsc04593_3

あきたかもゆうじも
良き友、良き家族に恵まれ、
来年も良いお誕生日を迎えられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/16

ヒトクイカエル

Dsc04588

「飛べなかった(暇な)日はうちの男たちは
あほだ。」
と、ジャスミンが言っています。

イケアで昔買ったカエルの人形で
「喰われる~、助けてくれ~」
とじゃれあう私の夫と長男。

人間て何が面白いのかしら
とあきれるジャスちゃん。
Dsc04590


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/15

抜糸

今日は天気がいまいちでした。

ノブさんは仕事だし、こんな天気だしで、
ノブエアーは閑古鳥です。

昨日の晩に調子に乗って飲みすぎたワインに
少々ヤラレぎみな寝起きでしたが、
飛べない日にも主婦はやること山盛りです。
家を片づけたり、
子どもの散髪に行ったり、
ついでに私も髪の毛切ったり etc.

そしてジャスミンの抜糸に行ってきました。
傷口もすっかり綺麗になっていました。
フィラリア薬もついでにもらって
耳掃除、肛門腺絞りもしてもらって
約6,000円。
お金が飛ぶな~。

抜糸後のジャスの足。
ハゲちゃうかな?
Dsc04587


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/12

ブタと天気予報

ハンググライダー一家な我が家は
天気予報チェックを欠かせません。
TVではよくNHKの天気予報をチェックするんだけど、
うちのおちび二人曰く、
「天気予報にブタがいる。」

Dsc04585

拡大すると

Dsc04584

ほら、いた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/11

寝ぐせ

Dsc04582

今朝の次男のすごい寝ぐせ。
酉年らしく、トサカが立っています。

我が家は酉年だらけ。
ノブさん、次男、私のお父さん。
しかもみんなB型。
ケッコウ共通項があって括弧でくくれる皆さんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/10

霧が明けたら

今朝も雲海が深かった十分一。

昨日、地元なハングパラの皆さんの予言、
「霧が明けたら西風が強くなって
ひょっとすると飛べないかも~」。

その予言通り、霧が晴れて、
ウインド初山頂雲海ツアーフライト1本を
皆さんもれなくご経験直後くらいから
あやしくウインドソックスが西方向からふれはじめ、
私がショップ(家)の掃除が終わって
エリアに登場したころには
初山頂な人々にはなかなか難しいコンディションになりました。

そんな中 NOB AIR なあそうさんが
高ツムジから登場。

高ツムジに上がった上手な皆さんで
本日飛んだのは
タンデム講習なきくちくんとのぶさん、
あそうさんととださん。
あそうさんは本日一番ナイスタイミングでテイクオフだったそうで、
その後、西風はますます強くなり、
相当なつわものでない限り
テイクオフするのは難しいコンディションになったそうです。
で、とださんがテイクオフしたものの、
離陸直後のすごい揺れっプリに
みなさん撤収モードに。
上でばらすよりも
下でばらしたかった福島な皆さんとえんどうさんが
長井方面のあやしい低気圧雲をモノともせずに
飛んできて本日フライト終了となりました。

↓降りてきたタンデム講習機を追いかけるジャスコちゃん。
Dsc04574

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/09

朝霧、深霧。

今日は朝から霧が濃かったデス。

昨日からウインドな初山頂ツアーな皆さんが来山中です。
なんてったって20人くらい学生さんたちがエリアに来ています。
初々しい香りと若々しい熱心さに
おばさんはくらくらして
胸がきゅ~んとして
心が嬉しくなります♪
(いいね!やっぱりこの飛び始めのひたむきな感じ!!)

「朝から雲海で絶対無理だから」
という地元インチ ... おっと、夫?、インストラクターな
ノブさんの説得もモノともせず、
朝の5時からスタンバイな学生の皆さん。
スバラシイ!

で。
結局飛べたのは9:00過ぎてから
(10:00だった?)ですが、
本日は本当に初山頂日和な穏やかな一日。
初山頂なみなさんなウインド学生さんも
たくさん練習ができて良かったね!

NOB AIR な大人な皆さんは
十分一から飛んだのは
久しぶりの石巻のとださん筆頭に
毎週末、夜行なバスでお疲れ様! あそうさん、
地元のすがいさん、
そして、ワタクシ。

ウインドなみなさんは
初山頂学生以外では
いちろうさん、BOBさん、
あさこちゃん、あさみちゃん、
うっしー、はやたくん、
みかみくん、みやざきくん、まつおちゃん。
ほかにもいたらゴメン。
おばさんはもう新しいことを覚える言葉難しいお年頃デシテ...
抜けはの確認後後ほど追記予定。

高ツムジからは
福島なまつもとさん、おおなみさん、
NOB AIR な 所長、まちやさん、えんどうさん、とばさん。

高ツムジチームは一層上にいるので
十分一上層にあるきっかけをうまく使って
sea level で1,200m 超えてハイジアパークの
露天風呂の人数チェックをしてきたみたいですよ。
十分一なみなさんはもれなくど安定スットビ。
よいテイクオフ、ランディングの練習ができました。

Dsc04560

↑はにぎわっている十分一とアシスタントなみかみくん。

↓はなんとレアなとんぼ、ルリボシヤンマを素手で捕まえまして、
研究中の次男。
Dsc04558

Dsc04557

そして。
実は本日長男の8回目の誕生日でした!
まだハングな皆さんの未開なホルモン焼き屋に
あそうさんとウインドな皆さんをお連れして誕生パーティ。
Dsc04563


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/08

大外れ

今日から三連休。

「本日から日本列島は高気圧の勢力内に入り、
全国的に穏やかに秋晴れで云々カンヌン etc. 」

というのが今朝の天気予報で、
どの天気予報を見たってこれに似たり寄ったりだったのに。

Dsc04522

十分一だけ弱い時雨ですから!
米沢は晴れていますよ。 BY 高ツムジから南を見ると。
高ツムジから
赤白鉄塔にかけてラインがあって
それから北側は相当寒くて面構えの天気だったんだから、もう。

とふてくされて&寒くて福島なさいとうゆうじさんの車の中で
避難と昼寝をしていたら
その間にあっという間に晴れて
西風ビュービューの中、
みなさん飛んで行きました。

早い時間(寒くて雨が降っていた)に飛んだ
まつもとさんと所長はぶっ飛び。

晴れてから飛んだ、
福島なみつおさん、ひろみさん、ゆうじさん、
ウインドないちろうさん、うっしー、はやた、まつおちゃん、
NOB AIR な とばさん、
みなさん、一時間くらいハッツキソアリング。

お疲れ様でした。

寝起きなワタクシ、やる気なしで車下ろしでした。

明日、がんばるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/05

十分一で草大会をするよ

Dsc04338


山形のハンググライダーなインチキらくたー…
あ、間違えた、
インストラクターのノブさんから伝言です。

ハングの草大会をするよ。
もちろん、於 十分一。

10月22日(土)に
山形県連主催の山形県選手権、
翌日23日(日)に
山形県連主催のスカイフェスティバルをします。

両方ともパイロン&ターゲット大会
しかも大どんでん返し得点方式(なんだそりゃ?)
クラスわけあり、
パラ部門、ハング部門あり
だそうです。

22日(土)の夜は
満腹で大いも煮会の予定。
エントリーフィーは
22日(土)は1,000円、
23日(日)は1,000円。
つまり二日出れば2,000円デス。
エリアフィーは別にかかりますよ。
宴会代も別で、多分、3,000円位の予定。
豪華賞品が多数だって。

地元の皆さん、東北の皆さん、
南や西の皆さん、
ぜひ遊びに来てね~。

参加ご希望の方は
当日ランディング10:00に受け付けます。
いも煮の用意があるので前もって
ノブさんまでTELまたはメールください。
ノブエアーな電話番号がわからない人は
家業のHPを見てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/03

初時雨

昨日の朝てっかりに引き続き
今日も朝てっかり。
絶対に雨が降る。

昨日に引き続き
本日ウインドなまつむらさんが来山中なんだけど、
きっと今日はゆうじの座学とシュミレーションな一日なんだろう。

昨日も結局雨が降った。
(昨日のブログに書くのを忘れてしまったけど
昨日は雨の直前に福島のみなさんが飛んでいました)
(テイクオフ下の森からへとへとになって這いだして
雨の様子を見ようと見上げた空に飛び込んできた
福島なゆうじさんのMastRは本当に綺麗に見えた)
(私のMastRは客観的にはどのように映るのだろうか)

昨日よりも今日の天気のもっとたちが悪い所は
西風が強くて気圧配置が西高東低な冬型めいていることだ。
案の定、スカッと晴れたと思ったら
急に真っ暗になっての繰り返し。
お昼ごはんを上司と食べていたらついに
ばらばらと音を立てて雨が降り出して
この世の終わりのように周囲が真っ暗になり、
そこら中の屋根や壁をびゅうびゅうと
乱暴にたたきつけながら、
風がもうすぐそこに冬が来ていることを
私たちに告げに来た。

ほんの2週間前まで残暑に参っていた私たちが
今年の天気の変わり身の早さに驚愕しながら
「あら!雨っ」
と会話をしていると、
またたく間に晴れ間がのぞき、
そして油断をしていると冷たい雨の繰り返し。
ああ、もう夏は終わってしまったんだと
少しセンチメンタルになる
初「時雨」な一日だった。
(東北でハンググライダーが素晴らしい季節は夏なのだ!)

こんな雨の降り方を「時雨」というんだけど、
関東と雨すら降らないUAEで育った私は
学生時代に初山頂ツアーで十分一に来るまで
時雨というものを本当に知らなかった。
教科書で習っていたもののちょっとも想像できなかった。
新潟出身の父と関西出身の母は体得的に知っていた。

本当に日本の気候 or 気象はバラエティに富んでいる。
どんなに本を読み
どんなに難しい試験をクリアしても
知らないことは世の中にたくさんあることを
山形の自然は教えてくれる。
わざわざ日本の外に行かなくても
それらが内側にたくさんあることを、
この北の地に住んでいて、
大脳ではなくもっと深いところで直接感じさせられる
経験がここにはたくさんある。
それは天気だけでなく、
生活のすべて、価値のすべて。

ともすると東京に住む(私の場合は住んでいた)私たちは
東京の経験値でのみで多くを決めがちだ。
栄えた高みに住む者は天空や水平は眺められるけど
足元に視線を落とすのを忘れることがある。
後ろや階下のモノたちとのズレを感じられない者は、
そのズレにいつか痛い目にあわされる。
自戒を込めて本当にそう思う。
中央で流行っているからといって
それが正しいことかどうかわからないことは
たくさんある。

それとも。
マージナルな生活に浸っていると、
中央の若者が突然やってきて
熱に浮かれた宣教師のような眩しい言葉を
目の前で紡ぐのを理解できない瞬間があるのは、
それは単なる時代遅れな「田舎者」に
なり下がってしまったのに過ぎないだけなのだろうか


明日は晴れるのだろうか。
前線と夕焼けな今日の私の職場からの眺め。
Dsc04516

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/10/02

朝てっかり

Nec_0079

↑は今朝の我が家から南方向を見たところ。

今日は朝てっかり。
予報は午前中から曇っていて雨が降るとのこと。
こんな日は本当に雨が降る。
だんなのオバンチャ(置賜弁で「曾祖母」のこと)が
「朝てっかりの日は雨が降るごて~」
と、昔よく言っていたな~。

で、朝てっかり中にウインドスポーツな講習生の
ねもとさんとまつむらさんが朝練へ。

その後いろいろあって、春に備えて
十分一な森の中へ山菜チェックに行ったり、
遅めの昼ご飯を大量に作ったりして
そんでもって、ハングな皆さんで鶴岡へGO! GO!
鶴岡までは赤湯からダイタイ2時間かかります。

ワタクシ、十年近く山形在住ですが
鶴岡は初上陸です。
庄内地方はやはり置賜より全然開けているな~。

せっかく海辺に来たのだから
魚のおいしいといわれるお店に行き、
値段に少々ビビって
この店でなぜ天ぷらうどんに鳥うどん?
みたいな注文をしていたら、
本日のスペシャルゲスト
ひらちゃんが登場し、
ひらちゃんにタカって
黒ソイのお刺身と羽黒豚のバラ肉の煮込みを注文。
ソイ、美味~い。
ガサエビの唐揚げ(これは私がお金を払いました)も美味しかった。

今度はちゃんとお財布にお金を入れて
魚市場がやっている平日に
この店にリベンジしようと心に難く誓って帰宅。
帰路は漕ぎの弱い男子たちかわって
ワタクシが運転。

ひらちゃん、ひさしぶりにお会いできてよかったデス。
しばらくしたらまたハングしに赤湯に来てね。

あ~、激動な一日だった。
明日は普通に会社ダヨ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/01

遠方より

友が来ました。

昨日、昼間(仕事中)、突然携帯が鳴った。

「今日肉食べたい気分だから、これからそっちに行くよ
一緒に焼肉屋に行ける?」

その友はとっても大事な友達なんだけど、
ここしばらく連絡を取っていなくって
その間に
その人の大事な犬二頭が立て続けに亡くなったりして
ちょっと連絡取りたいな、
でもどうやって口火を切ったらわからないや
と悩んでいた。
そしたら電話がきた。
テレパシーがお互いにつながったみたいに
連絡が来たのだ。

夕方友人夫婦が南陽な我が家に到着。
だんなの帰りを待って19:00にはりきって
焼肉屋へ。もちろん、ハングな皆さんにもおなじみ明月館。

美味しいお肉をたらふく食べ、
たくさんの話をして
そしてたっぷりお酒を飲んだ。
すごく楽しい食事だったから、
マッコリもあっという間に2本空いてしまった。
女たちが超のりのりになって
カラオケにも行ってしまった。
私なんてお財布にお金に入れくてくるのを忘れてしまったのに。

多分、ちょっと体重増えたかな。

そして本日は山形のおいしい蕎麦を食べに行くことになった。

その友人は自立型の人々なので、
今までは焼肉食ったら次の日は
自分たちでさがした蕎麦屋やラーメン屋に行っていた。
でも今日は一緒に行こうよ、案内してと誘われた。
ちょっと嬉しい。
ならば、きっとネットでは調べられないところに
連れて行こう。
南陽の吉野地区の蕎麦屋(ゆかりや)にご案内。
古民家を改築した趣のあるお蕎麦屋さんで
山形名物板蕎麦とゲソ天を堪能。

絶対体重増加した。

そこでお別れしてお互いに家路に。
ちょっと腹ごなしに途中で
砥石沢の「鬼面石」に遠足。
南陽の中川地区から金山地区に抜ける
ちょっとした山道へ。
昔は通りぬけの街道だった
今はさびれたくねくね道を通り抜け到着。

昔、砥石沢にて金山が盛んなころに
巨石の裏の洞穴に鬼が住んでいて
旅人を襲って金品を奪い、人々から恐れられていた。
鬼は七日日には岩から岩に渡した竿に
きれいな着物を掛けて虫干しした。
これを見たものは長者になるとも
盲目になるとも伝えられている。
人々は今でもこの岩を「鬼面石」と呼び
鬼の着物を乾かした岩を「竿掛岩」と呼んでいる。
(たっていた看板から文章を拝借しました)

Dsc04486

Dsc04491

面白い顔をしたでっかい岩が道ばたの崖の上にあり、
運動を兼ねて登ってきました。
次男が本当に鬼がいたらどうしようとビビっていました。

そして強風で誰もいない十分一テイクオフにも寄り道。
ジャスミン、怪我をして以来久しぶりに爆走。
Dsc04515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »